You are currently shopping on the Japan (¥) website. It looks like you should be shopping on the #destination website.

THE WORLD'S GREATEST INDEPENDENTLY OWNED SUNGLASS BRAND
世界最大の独立系サングラスブランド


THE WORLD'S GREATEST INDEPENDENTLY OWNED SUNGLASS BRAND
世界最大の独立系サングラスブランド


DESIGNED IN CALIFORNIA. MADE IN ITALY OF THE HIGHEST POSSIBLE QUALITY, BECAUSE WE CAN. SINCE 2000.
カリフォルニア州で行われました。究極の最高品質を求めてイタリアで製作。なぜなら、私達にはそれが可能だから。エレクトリックは2000年に創立されています。



Founded in 2000 by second generation eyewear category leaders, ELECTRIC is a participant owned, global, premium eyewear brand rooted in Southern California’s rich music, art, surfing, skateboarding, snowboarding, outdoor sport, and customization culture. ELECTRIC designs and markets an extensive line of award winning sunglasses made in Italy of the highest quality, designed and tested in California’s rich natural resourced landscapes. Snow goggles, watches, bags, apparel and accessories support eyewear throughout the globe.

2000年にカリフォルニアで誕生したエレクトリックはアクティブなライフスタイルを充実させる品質の高い製品を世に送り出してきました。我々が提案するのは“機能性のあるスタイル”。幾度と無く重ねたテストを元に、エレクトリックは“クラシック”をさらに洗練し、サングラス、ゴーグルやヘルメット、腕時計、バックパックを始めとするラゲッジやアクセサリーをデザインし生み出してきました。アメリカ国内での展開はもちろん、ヨーロッパ、日本、中国、そしてオーストラリアのライフスタイルアパレルショップ、デパート、スポーツ用品店やエレクトリック直営のインターネットショップを含むオンラインショップなどで販売展開をしています。



ABOUT ERIC CRANE
エリック・クレインとは


ABOUT ERIC CRANE
エリック・クレインとは


Eric Crane started his career in graphic design and advertising in 1993 with a position with Arnette Optics. Having quickly earned recognition at Arnette within the action sports community, he joined the San Francisco based Astro Studios in 1998. In 2000, Eric partnered with ELECTRIC to launch the brand by designing the identity, and maintained the brand’s image until 2003. In 2007, Eric joined Nixon, Inc. as the brand’s first Global Vice President of Product and Design, before coming back to ELECTRIC in 2012 as Chief Commercial Officer and was soon after appointed CEO in 2013. Eric purchased Electric from the Kering group in March of 2016.1993

年、アーネット・オプティックスのグラフィックデザインと広報を担当していたエリック・クレイン。その時から彼のキャリアはスタートしました。アーネットでの活躍によりアクションスポーツ業界での名声を直ぐさま得た彼は、1998年サンフランシスコを本拠地とする“アストロ・スタジオ”に仲間入りする。そして2000年、エリックはエレクトリックとパートナーを組みブランドの個性をクリエイトすると共に、2003年までブランドイメージの確立に貢献する。その後2007年にNIXONへ移籍したエリックはブランドとしては初となるプロダクト&デザイン部門グローバル・バイスプレジデントとして就任する。そして2012年、コマーシャル担当のボスとしてエレクトリックに戻った彼は翌年の2013年、同社のCEOとして就任した



ERIC CRANE LEADS BRAND ‘AT ITS OWN PACE’ AS NEW OWNER
「マイペースで」ブランドを率いる新オーナー、エリック・クレーン


ERIC CRANE LEADS BRAND ‘AT ITS OWN PACE’ AS NEW OWNER
「マイペースで」ブランドを率いる新オーナー、エリック・クレーン


News hit Thursday, March 16, that Volcom had sold ELECTRIC to private management headed up by current ELECTRIC CEO Eric Crane. Many details around the deal are not being released, including financial terms, but Crane was able to explain the strategy behind his decision as ELECTRIC’s new sole owner and management.

Crane was one of the original members who built the brand in its earliest stages, and from his perspective the acquisition makes sense from a couple different levels. From a brand standpoint, it will be easier for ELECTRIC to tell its story “at it’s own pace,” without outside market pressures.

3月16日木曜日、ボルコムがエレクトリックを現 CEO エリック・クレーン率いる民営企業に売却したというニュースが流れた。この取引に関する金銭的条件などの詳細は伝えられていないが、クレーンからは、エレクトリックの唯1人の新オーナーおよび経営者としてのこの決断の背後にある戦略について話を聞くことができた。

クレーンはこのブランドの創成期のオリジナルメンバーの1人であり、彼の視点ではこの買収はいくつかの異なるレベルにおいて合理的なものであるという。ブランドの立場から言えば、今後エレクトリックは市場の外部の圧力を受けることなく事業を「自分のペースで」展開しやすくなるであろう。

READ MORE ON TRANSWORLD BUSINESS